2017年11月13日

2017年 秋 はにコットに出展いたします

高槻の秋の大きなアートイベント、comecome*はにコットに
ichicoが参加いたします。

11月26日、日曜日、高槻今城塚古墳にて開催。
http://hanicotto.com(はにコットサイト)

新作を沢山作成しておりますので、
ぜひお立ち寄りください。

2017-01 ichico ピンクリーフ.jpg

posted by roy_luna at 09:44| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

yoshiのインテリアボックスをCreemaに出品いたしました

2017-10 yoshi box3.jpg

[it's...](イッツハンドメイドスタジオ)オンライン担当、キタムラです。

yoshiの新作、インテリアボックスのセットをCreemaに出品いたしました。

厚紙を組み立て、にかわで表の紙を貼り込む手法で作る
「貼箱(はりばこ)」は、上菓子や贈答品を入れるために
使われていた伝統的な技法です。
今回、yoshiが表に使ったのはドイツ製のプリントペーパー。
洋紙らしいくっきりした配色が魅力です。

2017-10 yoshi box4.jpg

箱は極小のインテリア。
貼箱は、数百年の使用に耐える「にかわ」を使っているため
接着が丈夫で、多少の湿気で紙が浮いても、
アイロンを当てることで復旧が可能です。
整理ボックスにも、またギフトボックスにも、
楽しんで使っていただけます。

今回の出品作品は3個1組で送料無料です。
個別の作品をご希望の方はご連絡ください。

Creemaのこの作品のページはこちらです。

https://www.creema.jp/item/4786516/detail

posted by roy_luna at 10:27| Comment(0) | 貼箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

hiloのペアがま口をminneに出品いたしました

2017-10 hilo ペアがま1.jpg

[it's...](イッツハンドメイドスタジオ)オンライン担当、キタムラです。

hiloの布小物、久々のご紹介です。
minneに出品したのは、ペアのがま口、二つ一組の洋なし(ペア)型です。
口金は角形で、ふっくらした胴体は丸く、
組み合わせがなんともキュートなお揃いがま口。

根付けのカンが付いていますので、紐やキーホルダー、
ボールチェーンなどを着けて使っていただけます。
お友達とシェアするもよし、兄弟姉妹で使うもよし、
家の中と外で使い分けるもよし。
小銭入れ、リップケース、イヤホンケースなど、
使い方は工夫次第です。

minneのこのがま口のページはこちらです。

https://minne.com/items/11365392




posted by roy_luna at 17:05| Comment(0) | 布小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

スマイルフェスタに出展いたします

S_6820426773402.jpg

[it's...](イッツハンドメイドスタジオ)オンライン担当、キタムラです。

今日は芭蕉の忌日、時雨忌の名にふさわしい、ひんやりとした風が吹き
小雨ぱらつく一日でした。

こんな日は家の中でゆっくり小物の整理でも、と片付けをしていたら、
yoshiから新作の写真が送られてきましたので、ご紹介です。
来る10月21日土曜日の城南中学校区スマイルフェスタでの出品作品の
ひとつ、プチケースです。

貼り箱の技術を使って、伝統的な膠を使った工法で作られた小さな飾り函、
色と紙選びに、yoshiの上品で少しお茶目な感覚が映し出されています。

ミニマムな表面積に表現された多彩な世界観。
俳句にも相通じる凝縮された「おもしろさ」を感じていただけたらと思います。



posted by roy_luna at 16:41| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

オーダー品「greenflame」のご紹介

2017-09 ichico .jpg

[it's...](イッツハンドメイドスタジオ)オンライン担当、キタムラです。

空気感がすっかり秋になり、肌触りも色目も暖かみを求める
この頃です。暖色や濃いめの色合わせが楽しい季節になりました。

写真はオーダー品のヘアゴムです。
赤いボタンは阪急のボタン売り場で探してきたビジュー入りのもの。
これを使って、さらに緑と合わせ、しかもクリスマスカラーにならないように、
という難しいオーダーでした。
赤の色は変えられないので、ichicoは緑のヴァリエーションを丁寧に選び、
透明感を出してバランスを取っております。

一点物のボタンがほとんどで、ビーズの色目も製造単位によって全く同じでは
ありませんので、完全に同じお品の再販はなかなか難しいのですが、
既存の作品に似たイメージで、というオーダーはありがたく承ります。
また、ヘアゴムのモチーフをブローチに変更することも可能ですので、
随時ご相談ください。

Creemaショップのトップページから、お問い合わせ承ります。
https://www.creema.jp/c/itshandmadestudio
(左ショップ名の下部にオーダー用の質問欄がございます。)

posted by roy_luna at 10:34| Comment(0) | ビーズアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする