2013年12月14日

裾のループ

[it's...](イッツ)オンライン担当、roy_lunaです。

気に入ったものは長く使いたい、そして修理や工作の切った貼ったは大好き、
という気性なので、年がら年中繕い物に追われています。

先日、サイズアウトした会社員時代のスーツをhiloに貰ってもらいました。
当時、パンツはヒール付の靴に合わせて裾上げしていたので、
試着してもらったら5センチほどの裾上げが必要に。
くるみとチーズの自家製パンで買収されて、家で裾上げにチャレンジしました。

表地はロックミシンが無いので、そのまま内側に折り込んで千鳥がけでまつり、
裏地は2センチ切って三つ折りで並縫い。

パンツにはブルーブラックのサテンで独立型の総裏地がついています。
裾を見てみたら、表と裏地が4センチほどのループ(組紐)で繋いでありました。
このループ、自分で直すパンツに付いていたのははじめて。
脱ぎ着する時、裏地が内側で引っ張り上がってこないようにするパーツでしょうか。
こうして分解してみると、細やかな仕立てがわかって面白いです。

ループも付け直し、アイロンがけで形を整えて納品です。
裾が三つ折りにした分やや重いので、すり切れやすいかも。
すり切れたら、表地の裾を一度ほどいて5センチぐらい切り、
かかと部分の摺切れを防止する「靴擦れ」と呼ばれるパーツを作成して付けてみよう、と思っています。
摺り切れた部分は一センチくらい内側に折り込んで上げれば良し。
端を切った部分はバイアステープでくるんでもう一度まつり縫いかな。
今回はバイアステープの処理が面倒だったのでやりませんでした。リメイク用にとってあるサテン地からバイアステープを作っておかなくては。

そういえば、裏地も次に直すことを考えてミシン仕上げにはしませんでした。

本職の方から見たら笑ってしまうような繕い物ですが、縫い目を表に出さないようにして、アイロンさえきちんと掛ければ結構実用になるものです。
10年前ぐらいに買ったスーツ、どうやらまだまだ活躍してくれそうです。

posted by roy_luna at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

読んでみました 「ハンドメイド・マーケットプレイス オールガイド」

[it's...](イッツ)オンライン担当、roy_lunaです。

今年も残すところ半月になりました。
手探りでオンラインでの販売をはじめて、今もまだ色々と模索中ですが、
続けてやっていけますのも、こうしてブログを見て下さっている方のおかげです。

さて遅ればせながら、it's...の作品を載せて頂いたこの本の感想です。

『「ハンドメイド・マーケットプレイス」オールガイド 手作り雑貨の新しい売り方』
         菅原大全箸/グラフィック社/2013年/1600円(税抜き)

一年前に読んでいたら、どんなにか役に立ったことか!
ノウハウの幾つかはインターネット経由で調べることが出来る内容だったとしても、
適切で有効性の高い情報を集めてまとめることは容易ではありません。

ニュートラルな書き方をしてあるので、テンションは高くありませんが
とても信頼感のある堅実な内容に見えます。
今から出品をはじめる方、はじめたばかりで迷いがある方には特におすすめです。
1600円(+消費税)なら、初期投資としても高くはありませんし、
あと数年は使える内容だと思います。

私個人が読んで役に立った記事はこちらです。
1 巻末の各サイトのサービスや料金一覧
2 売り上げ平均月額 
3 大手ウェブサイトの傾向分析
4 写真の撮り方

作家の方が読むと、また別の視点があることでしょう。

また、役に立ったかどうかとは別に、読んで感動したのは、
ウエブサイトの運営責任者の方々の談話です。
皆さん若い、そしてアツい!
より高みを目指そうという心意気に触れて、とても励みになりました。

良い面ばかり書くと、ステマかと思われてしまいますので、
悪い面を、と思ったのですが、その辺りそつの無い作りです。
ニュートラルで丁寧、なので突っ込みようがないというか。

敢えて挙げれば、巻末のおすすめ本とウェブサイトは
1ページずつという紙幅の関係かだいぶ中途半端でした。
本はもっと鮮度の高いものを紹介するか、逆に基礎知識の本を紹介するとか、
工夫が欲しいところ。
同ジャンルの本で、紙面構成が同じでもっと使える
おすすめ本のコーナーを見たので、つい比べてしまいました。

もうひとつ引いた視点での話ですが、この本のハウツーをそのまんま実行してしまうと、
洗練はされるけど個性がぼやけてしまわないか心配です。
必要なノウハウは取り入れるけれど、個性を出すために敢えて崩す部分も
あって良いのではないでしょうか。
もっともこれは、本の欠点ではなくて、読み手側の問題ですね。
良い本だけに、この本に影響されすぎないよう、自分も気を付けたいと思います。
posted by roy_luna at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

お買い上げありがとうございます。

管理人のichicoです。
ネット販売で革小物とブローチをお買い上げ頂きました。


2013-11 ichico ミニ靴茶ペンダント中.jpg



2013-10 ichico ブローチブルーモスク服1.jpg

この度も、お客様のコメントがとてもあたたかく、
励まされるお言葉でした。
リピートして下さったお客様もいらっしゃり、続けてきて良かったと思います。
お礼の記事を書くことが多くなり、ありがたさで一杯です。




posted by ichico at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

お買い上げありがとうございます。

管理人のichicoです。
先日Creemaさんとtetoteさんで、
革のミニチュアブーツのバッグチャームと、
ビーズ刺繍のブローチをお買い上げ頂きました。


2013-11 ichico ミニブーツ茶貝1.jpg2013-11 ichico ブローチ アクアブロンズ.jpg

ネットを通じての販売は、
店頭のように、お客様と直接お話しすることはできません。
しかし、コメント欄や取引評価など、お客様と接する機会でのお褒めの言葉は、
何にも勝る、創作意欲への糧となっております。

お客様のお声に応えることのできる作品を、
今後も紹介していきたいと思います。
有難うございました。



posted by ichico at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

お買い上げありがとうございます。

管理人のichicoです。
先月より、Creema(クリーマ)さんでお世話になり始め、
ヘアゴムと、革のがま口ポーチをお買い上げ頂けました。
ブログ上ではありますが、心よりお礼申し上げます。




2013-10 ichico ヘアゴムピンクオリエント手.jpg


こちらの水色・本革がま口はブログで紹介するのは初めてです。
内側にオレンジ系の革を使ったポケットを付けています。
ヘアゴムやブローチに使うボタンは、一期一会のものが多く、
再販が難しくてもどかしいのですが、この水色の本革も、一点物となってしまいました。


2013-11 ichico 革がま水色1.jpg

(Creemaのページはこちらです。)
http://www.creema.jp/c/itshandmadestudio

先日、京都のボタン専門店(エクランさん)にヘアゴムやブローチ用のボタンを仕入れに行って参りました。
壁一面にボタンがぎっしりと埋め尽くされ、どれもすてきなものばかり。
その中から選ぶのは至難の業でしたが、いくつか選りすぐってきました。
その小さな、1センチ〜2センチの円の中に、千差万別いろいろなデザインを見ると、
職人さんのこだわりを感じます。
気に入ったボタンはやはり在庫が少ないものが多く、一点物になってしまうかもしれません。。。


posted by ichico at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする